アンプルール人気・実力No,1の美白美容液とは

アンプルール人気・実力No,1の美白美容液「ラグジュアリーホワイト コンセントレート」の、“正しく効果的な使い方”をご紹介しましょう。 化粧水の前におこなうことをアドバイスします。
気になるシミにダイレクトに作用するように、夜、クレンジング、洗顔した直後、シミの部分につけます。これは皮膚科で行う治療方法と同じ順番です。

つける時のポイント!「ゴシゴシこすらないこと」です。
強い摩擦は肌に刺激を与え、細胞の防衛作用が働き、メラニンを過剰生成してしまい、シミが濃くなってしまいます。こすらず、やさしく指先でポンポンとなじませましょう。

美容、健康リンク集は美容、健康関連の情報や口コミ紹介サイトを集めたものです。

永久脱毛、口コミ情報

アミノ酸の吸収率を高めるにはどうする?

前回の記事で、アミノ酸は単体では何の働きもしないのに、複数のアミノ酸が繋がると、いろいろな働きをするので、目的に応じたブレンドを摂ることが大切だと申しました。


さて、それではアミノ酸の吸収率を高めて、カラダが必要とするアミノ酸を取り入れる方法をお話し致します。

まず、アミノ酸系の食品やサプリメントはいろいろありますが、様々なタイプに分類されます。

(1)ドリンク
(2)顆粒
(3)タブレット
(4)カプセル(顆粒)
(5)カプセル(液体)

これらを大きく別けると、液体か固形かに別けられますが、液体の方が固形よりも一般的には吸収率は高いです。

しかし、いずれにしても、胃液という関門を通過しなければなりません。その意味で、ドリンクと顆粒は最初に落ちます。

タブレットもカプセルも胃を通過できる形状のものが最近開発されてきています。胃を通過して小腸までたどり着けばあとは吸収されるだけです。

最初に説明したように、液体のカプセルの方がタブレットや顆粒が入っているカプセルよりも吸収します

最大で5倍の開きがありますので、これは無視できません。
アミノ酸に関わらず、サプリメントを摂る時は、形状によく注意をしてみるといいと思います。

毎日規則正しく飲んでいても、5倍から10倍違うのでは、その効果に大きく差が出ることは明白ですね。

次回は、アミノ酸を摂取するベストなタイミングをお知らせします。



シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

足がむくむメカニズムをご存知?

皆さんご存知の通り人間の先祖は、もともと四つん這いで生活していまし
た。

人間の体には動脈と静脈があり、動脈は酸素が豊富な血液を全身へ送る血管。静脈は、体内の二酸化炭素を含んだ血液を心臓に送り込む血管
です。

四つん這いの状態では、心臓は頭や腕、脚の方向に楽に血液を押し出し、頭や手足の先に行った血液は、静脈を通ってスムーズに心臓に帰ることができます。

前脚や後脚に流れた血液も、何とか腕や脚の付け根まで戻る事ができたら、後は水平方向に流れて心臓に向かえば良いのです。

更に、リンパ管というものがあり、体内に沈殿した老廃物を排泄する為に静脈へ送る役目をするものです。
 
さて、人間はそのうちに進化して立つようになりました。そのため心臓は血液を押し出すことはとりあえずできますが、脚の下の方に流れていった血液を重力に逆らって心臓に戻すことはとても大変になってきました。

脚の下の方には静脈血が滞留してしまいます。そのため、脚の静脈圧は上がり、血管内の水分は血管外に向かって押し出されるように働き、これがむくみとなるのです。

足がむくむと、リンパ管から静脈にうまく老廃物を送り込むことができずに、そこに詰まった状態になります。丁度、配水管にゴミが詰まって流れが悪くなった状態と同じようなものです。

ふくらはぎの所にもリンパ管が密集しており、長時間座っていると、老廃物は重力の加減で下へ行き、押し上げる力が弱いと、そこに溜まってしまいます。

ところで、もうすぐ師走、正月の準備も考えないといけませんね。
今年もおせちはお取り寄せが人気とか・・・。
百貨店の予約も出足好調といいます。お宅ではいかがですか?
おせち(お節・御節)料理
お歳暮

究極の<産後ダイエット>成功法則

妊娠中はいろいろあります。

ふとることももちろんですが、実はやせるチャンスでもあるんです。

妊娠中から産後6ヶ月以内は、ダイエットのチャンスです!

産後6ヶ月があなたの人生を変えます。 「妊娠したらフトル」 「二人目は戻りにくい」「産後は体形が崩れる」・・・という、今までの常識を覆す方法がわかります。

実は・・・ 産後ダイエットで成功することは、とっても簡単なことなのです。誰でも出来る、産後ダイエットに必要なことだけすれば。 産後ダイエットに成功すると、今後の体型維持はとっても楽になります。

ある秘訣さえ、きちんと押さえてしまえば・・・・・。 確かに、普通のダイエットを成功させる場合「厳しい食事制限」「激しい運動」「ダイエットによるストレス」がつきまとってきますよね?

でも、産後ダイエットには、そのようなきつい「制限」は要らないのです。産後ダイエットで重要で基本的なルールを使って負担なく続ければ必ずやせます。

「究極の<産後ダイエット>成功法則」

お役立ちリンクで【プラセンタ関連】のものをいろいろ集めてみました。これからも少しずつ増やしていきます。 美容・健康関連プラセンタ シワ、シミ、ニキビへのプラセンタの効果 プラセンタの美容、シミ、ニキビへの効果 プラセンタの効果

排便のしくみを知っておこう

食べたものはやがて便となって排出されます。その排便のしくみを知っておくことも便秘の予防に役立つはずです。

口から入った食べ物は、胃→小腸→大腸と通過して直腸に到達。この時、便意をもよおし、無事肛門から外へと旅立ちます。

便意を我慢したり、不規則な食生活を続けると、便意を起こす感度が鈍り、便秘を起こしやすくなります。

また、食物繊維が不足したり、ダイエットで減食したりすると、便も固く、少なくなって、スムーズに排便できなくなります。

女性に便秘はつきものですが、男性より腹筋が弱いことも一因と言われます。

また、排便を我慢しがちであったり、ダイエットにいそしんだり・・・。生理や妊娠に関係するホルモンが、腸の働きを悪くすることなども、原因になっています。

お役立ちリンクで性病・性感染症・STDのものをいろいろ集めてみました。 病気・健康関連、クラミジア、性病 クラミジア、性病予防、治療、対策サイトを集めました。 クラミジア・性病・淋病・エイズ検査 クラミジア,性病の症状、検査、治療

«肌のターンオーバーとスキンケア